白川

京都には水の景色が似合うと思います。
鴨川、高瀬川、疏水、そして白川。

知恩院近く、私の好きな古川町商店街そばの白川のようすです。
向こうに見えているのは一本橋、比叡山で千日回峰行を終えた行者が京都に入洛する際初めて渡る橋なので行者橋とも呼ばれています。

1001302.jpg








三条通のちょっと北にある白川沿いのお宅。
古いながらも窓辺を粋に飾られているのでいつも感心しながら拝見しています。

1001301.jpg








かにかくに祇園はこひし寝るときも枕の下を水のながるる

1001303.jpg








冷え込みの厳しい朝でしたが、ちらほらと花を咲かせた梅の木を見つけました。
このまま春がくるのでしょうか。

1001304.jpg

探梅やうれしき知らせ貰ふやう

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

石塀小路

高台寺近くの石塀小路です。

1001281.jpg







料亭や旅館、あるいはバーなどがあるエリアですが、とても静かで落ち着いた雰囲気です。

1001283.jpg







東山花灯路の時には多くの人で賑わいますが、普段はあまり人通りはありません。

1001282.jpg







本当は中に入りたいのですが、それはちょっと…。

1001285.jpg







雨上がりの夜もなかなか良いものですね。

1001284.jpg

器の音かすかに聞こゆ春隣

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

金戒光明寺 黒谷さん

ご近所の金戒光明寺です。親しみを込めて「黒谷さん」と呼ばれています。

1001231.jpg







堂々とした山門です。

1001236.jpg







除夜の鐘で紹介した鐘楼は現在改修中です。
この瓦は今まで使われていたもの。いったいいつの時代の物なのでしょうか。

1001232.jpg







朝日に御影堂が輝いています。

1001234.jpg







やはりお寺は朝が似合いますね。

1001233.jpg







黒谷さんは幕末には京都守護職である会津藩が本陣を置いたところ。そのためその頃に亡くなった武士達を葬る会津墓地が黒谷さんにあります。元治元年と刻まれた墓石がたくさんありますが、この年は禁門の変(蛤御門の戦い)があった年。
歴史教科書の中の史実が京都では今へとつながっています。

1001235.jpg

没年の同じ墓石や山眠る

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

三十三間堂 通し矢

三十三間堂で通し矢がありました。
正しくは「第60回 三十三間堂大的全国大会」です。

1001173.jpg







60m先の1mの的を狙います。

1001172.jpg







一人が2回矢を放ち、どちらも的中した人が決勝に進みます。
60m先の的に2回とも当てるのはたいへん難しく、ほとんどの矢は的まで届きません。

1001171.jpg







成人男子の部、成人女子の部、称号者の部があります。
成人男子、女子は今年成人式を迎えた人達で有段者約2000名弱が奉射します。

1001174.jpg







それにしてもこれだけ沢山の晴れ着姿の女性が、弓と矢を持って集まっているのは不思議な光景です。

1001175.jpg

冬晴や二十歳の弓の林立す

続きを読む

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

実相院

岩倉の実相院へ行ってきました。

1001112.jpg







曇った一日でしたが、ときおり太陽が姿を見せていました。

1001111.jpg







「床紅葉」や「床緑」で有名ですが、今の時期は楓の葉がおちてしまっているため襖を閉ざしています。
それでも時が経つのを忘れてお庭を眺めていました。

1001113.jpg







夏や秋もきっと素晴らしい光景があるのでしょうが、冬はまた冬ならではの味わいがあります。

1001114.jpg







玄関前には見事な桜がありました。次は桜が満開の時に来てみたいものです。

1001115.jpg



3月22日までは「京の冬の旅」開催中で普段は非公開の「上段の間」と「書院」が公開されています。
また屋内は通年撮影禁止となっています。

風花や御簾上げらるる帝の座

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

三条京阪

三条京阪の駅が地下になってからもうどれ位経つのでしょうか。

1001097.jpg









かつてホームがあったところはおしゃれなスポットになっています。
レストラン、バー、小物、花屋…。

1001095.jpg

冬の星スタンドバーのさんざめく






中庭はまるでどこかのお寺の庭のようです。

1001092.jpg







南座の横は川端通ではなく電車が行きかっていたことや、京津線が民家の軒先をかすめるようにして進んでいたことはもう昔のことになってしまいました。

1001093.jpg







そんな変化の中でもこの人はずっと同じ場所でこうしています。

1001094.jpg


テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

法然院



冬の朝です。



1001067.jpg







1001061.jpg







1001062.jpg

小寒や角の鋭き白砂壇




1001064.jpg







1001065.jpg







1001066.jpg







1001063.jpg



テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

文楽初春公演

大阪日本橋の国立文楽劇場では1月3日から文楽の初春公演が行われています。この公演に行くのが我が家の正月恒例行事。
初日の幕が上がる前に劇場前で出演の人形による鏡開きが行われました。

1001033.jpg







今年はこの後すぐに演じられる「二人禿(ににんかむろ)」に出演する人形です。
京都の島原で太夫の世話をする禿。二人の禿が羽根つきや手鞠で遊ぶ、まことに正月らしい演目です。

1001032.jpg

こんなお酌ならいくらでも呑めますね。

人形のちひさき手より年酒受く






こちらは島原の太夫ではなく、人間国宝の竹本住太夫さん。
文楽は人形浄瑠璃とも呼ばれ、太夫の語りと三味線と人形遣いが一体となって演じます。

1001031.jpg







本日の演目は第1部が
 二人禿 (ににんかむろ)
 彦山権現誓助太刀 (ひこさんごんげんちかいのすけだち)
 壺坂観音霊験記 (つぼさかかんのんれいげんき)
11時開演で終演は15時過ぎです。

1001035.jpg







途中には30分の休憩があります。
皆さんこの間に食事をします。つまり幕の内弁当。

1月は10日までこの幕間に初春公演記念の手ぬぐいがまかれます。
… 残念ながら手ぬぐいゲットできず。

1001034.jpg

長時間でしたが、劇場を出るときには満足感でいっぱい。
このあと法善寺横丁で夫婦善哉を食べて帰りました。

続きを読む

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

あけましておめでとうございます

初詣はご近所の岡崎神社へ。

1001011.jpg







そんなに大きな神社ではありませんが、平安京遷都の際に王城鎮護のために建立されたというたいへん由緒ある神社です。

1001013.jpg







今年は寅年ですが、この神社のお使いはうさぎです。
ですからこんなにかわいいおみくじがあります。

1001014.jpg

あらたまのうさぎみくじの愛らしき

今年の運だめしは見事「大吉」。
曰く、「する事なすこと幸いの種となって心配事なく嬉しい運ですからわき目ふらず一心に自分の仕事にはげみなさい」
怖いものなしです。

その後にこんなことも書いてありました。
「少しでも我儘の気を起して色や酒に溺れるな」。
はい、承知しました。







今年も良い年でありますように。

1001012.jpg

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: