新島旧邸

寺町通の丸太町を上ったところに新島旧邸があります。
ここは同志社の創立者新島襄が八重夫人と過ごした家で、外観はコロニアル様式ながら内部は和洋折衷となっています。

1003217.jpg








新島襄の書斎。彼はここで日本の将来をどのように考えていたのでしょうか。

1003214.jpg

風光るペンと筆との置かれあり







八重夫人愛用のオルガン。ヤマハ製でした。
何と実際に弾いてみることができます。

1003215.jpg








台所。土間ではなく床板の上に流しやかまどが置かれています。
流しの高さは身長の高かった八重夫人に合わせたものだそうです。

1003211.jpg








2階の寝室。手前は新島襄のベッド、奥にチラッと見えるのはベッドに慣れていない八重夫人のために低く作ったもの。

1003212.jpg

洋風のモダンさと、八重夫人への思いやりに満ちたお宅です。
この他に暖炉を利用したセントラルヒーティングや洋式トイレもあります。








新島襄の亡きあと八重夫人は従軍看護婦になったかと思えば、茶道裏千家の師範にもなりました。
この部屋は八重夫人が洋間を改造して作った茶室「寂中庵」。

1003213.jpg








そろそろ梅の季節は終わりますが、台所の窓からわずかに残った梅が見えていました。

1003216.jpg

寒梅之詩  作 新島襄

 庭上一寒梅 ていじょうのいちかんばい
 笑侵風雪開 わろうてふうせつを おかしてひらく
 不争又不力 あらそわず またつとめず
 自占百花魁 おのずからしむ ひゃっかのさきがけ

テーマ : 京都からこんにちは!
ジャンル : 地域情報

黒谷さん ~ 桜咲きはじめ

散歩がてらご近所の黒谷さん(金戒光明寺)の桜のようすを見てきました。

1003223.jpg








まだまだつぼみの木がほとんどでしたが、満開の木も数本。

1003221.jpg








境内にかなりの本数がありますので、満開になるとさぞ見事なながめでしょう。

1003222.jpg








この日は朝から天気も良く、「京の冬の旅」での特別公開の最終日になっていましたのでお彼岸のお墓参りの方も含めたくさんの人で賑わっていました。

1003224.jpg

幕末の秘宝公開彼岸寺

【3月22日撮影です。桜の参考にされる方はご注意ください】

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

東山花灯路 ~ 花

東山花灯路の会場のあちらこちらで生け花が飾られています。

1003202.jpg








1003203.jpg








1003201.jpg








1003204.jpg








1003205.jpg

東山花灯路もまもなく終了です。

春灯し花を愛でたる東山

テーマ : 京都からこんにちは!
ジャンル : 地域情報

東山花灯路 ~ 人

東山花灯路ではいろいろな人に出会いました。



高台寺公園では舞妓さんとの撮影会が開催されています。

1003173.jpg








雨も降っていないのに、狐の嫁入りに出くわしました。

1003176.jpg


朧夜や少しうつむく狐面







10月に開催される京都学生祭典の「京炎 そでふれ」のメンバーによるエネルギッシュな踊りが披露されています。

1003171.jpg








芦屋小雁さんはとても気さくな方で一緒に記念写真を撮っていただきました。

1003174.jpg






続きを読む

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

東山花灯路 ~ 灯り

東山一帯がさまざまな灯りで彩られています。


知恩院三門前の灯り

1003151.jpg

行灯の明りやさしき桜花






竹の中で蝋燭が揺れています

1003152.jpg








雨に濡れた石塀小路

1003155.jpg

春雨や灯りの中の石畳







灯りの花が咲いています

1003156.jpg









八坂神社石段下

1003153.jpg


テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

長徳寺 ~満開 おかめ桜

川端通で満開になっている桜を見つけました。

1003145.jpg









出町柳駅のすぐ南にある長徳寺さんの門前にある一本桜です。

1003141.jpg








桜の脇にあった解説板から

オカメ桜
イギリスの桜研究家イングラムが、寒彼桜と豆桜を交配して作出した栽培品種で、1947年に発表されました。花の大きさは小輪ながら、あでやかな紅紫色で直径15mm、花弁は5輪、花が下向きに下垂してついています。日本の美女になぞらえて命名されたそうです。開花時期3月中旬~下旬

「オカメ桜」という名は初耳だったのですが、調べてみるとあちこちにあるようですね。
確かにソメイヨシノに比べるとちょっと紅いのは寒彼桜の、やや小ぶりなのは豆桜の特徴を引き継いでいるのでしょうか。

1003147.jpg

さくらさくらイングランドの愛好家








桜にはミツバチやメジロがたくさん集まってきていました。

1003146.jpg

帰りに鴨川の反対側を見てみるとそこにも満開の桜が。今出川通の賀茂大橋のちょっと下流右岸です。
オカメ桜と同じ種類に見えましたがこちらには「いぼ桜」との札がかけてありました。

桜花頭にのせて帰りけり


続きを読む

テーマ : 京都からこんにちは!
ジャンル : 地域情報

知恩院

知恩院で三門の特別公開がされています。残念ながら三門の中は撮影禁止ですのでその分じっくりと拝見させていただきました。その後境内の散策です。今まで行ったことのない辺りをまわってみました。

法然上人御廟につづく石段のところです。御影堂の横には早咲きの桜がありましたので、そこから飛ばされてきた花びらかもしれません。

1003071.jpg

綱持ちて登る三門初ざくら






法然上人御廟前の拝殿。木魚の音が響いているかのようです。

1003072.jpg








北門の辺りは人も少ないのですが、苔と雨にぬれた石畳がとても美しかったです。
紅葉のころはさぞ見応えがあるのでしょう。今度の秋は忘れずに行くことにしましょう。

1003075.jpg








三門と黒門の間にある崇泰院です。門を入ったところに瓦が縦にびっしりと埋め込まれていて、水が流れているかのようです。まるで枯山水を見ているようなのですが、それがごく自然な敷石となっています。
残念ながら私の腕ではその素晴らしさを表現しきれていません。どなたかお手本をお願いします。

1003074.jpg








13日から始まる東山花灯路の準備がすすんでいます。

1003073.jpg

13日から22日までいったい何回撮影に行くことになるのでしょう。
灯りはもちろんのこと、青蓮院のライトアップも、狐の嫁入りも、舞妓さんも撮りたい。
当然のことながら仕事もあるので、それが終わってからとなると時間が…。しかたがないので仕事をサボりましょうか、という訳にはいきません。

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

京都国際マンガミュージアム

今日は京都マンガミュージアムに行ってきました。
ここは京都市と京都精華大学が共同で運営しているマンガの博物館です。館内には膨大なマンガが収められており、自由に読むことができます。
ちなみに大人の入館料は500円ですが、京都精華大学の学生は無料だそうです。

1003063.jpg








こののらくろも展示してあるだけでなく、実際に読むことができます。

1003065.jpg








建物は元の龍池小学校のものを利用しています。
京都では地域住民が小学校を創立したという歴史があるためか、小学校に対してとても愛着を持っているようです。そのため統合等で廃校となった校舎もなんとか別の方法で利用しようとします。
前にご紹介した京都芸術センターも明倫小学校の校舎を利用したものです。

校舎の中では火の鳥の巨大オブジェが飛んでいます。

1003062.jpg

そういえば中学生の時に買った火の鳥がもしかしたら実家にあるかも。








この京都マンガミュージアムの館長は養老孟司さんです。
ここが館長室、奥に見えるのが館長の椅子です。

1003061.jpg

啓蟄や養老先生外出中






朝10時半頃に入って最初は撮影をしていたのですが、すぐにちょっとだけマンガを…。
そろそろお昼ごはんをと時計を見てみるとなんともう4時!

けれどもマンガに夢中になっているのは私だけでなく、二宮金次郎さんもそのようです。

1003064.jpg


テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

法住寺 ~ つり雛展

法住寺さんでつり雛展が開催されていました。

1003031.jpg








つり雛(つるし雛)は伊豆の稲取地方の風習だそうです。
いろいろな飾りが吊るされていますが、それぞれの飾りには意味があるそうです。

1003034.jpg








貝合わせ。現物を見るのは初めてです。
源氏物語の絵が美しく描かれています。

1003032.jpg








さまざまなお雛様が飾られています。
並びは全て男雛が右側、京都風です。

1003033.jpg

御所風に並ぶ人形雛の寺







お庭のこの紅白の梅、同じ一本の木に咲いています。

1003035.jpg


テーマ : 京都からこんにちは!
ジャンル : 地域情報

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: