琵琶湖疏水を歩く

昨年秋に銀閣寺前から琵琶湖疏水分線沿いを歩いてみましたが、今回は新緑を楽しみながら源流の琵琶湖方面へ遡ってみました。
スタートは南禅寺です。

1004251.jpg








南禅寺境内にある洋風の構築物「水路閣」。この辺りは殺人事件多発地帯です。いえ、テレビの中の話ですが。

1004252.jpg








水路閣の上を水が流れています。これが疏水の分線です。

1004253.jpg








インクラインの最上部。船を運ぶためのレールが始まっています。

1004254.jpg








右が第1疏水,左が第2疏水。ここで合流してほとんどは蹴上から岡崎を通って鴨川に流れますが、一部が先ほどの水路閣から哲学の道を経て北上します。

第1疏水にはいくつかのトンネルがあり、それぞれの入り口には明治の元勲が書いた扁額が掲げられています。
この先にある第3トンネルの西側入り口は

 美哉山河   三条實美
 うるわしきかなさんが

1004255.jpg

この第3トンネルは結構長く、道は日向大神宮を通って山越えとなります。
この道で第3トンネルの東側入り口に出るつもりが間違って東山サナトリウムの裏手に出てしまいました。さすがに手元の道路地図にはこの山道は載っていませんでしたので。







第3トンネル東側

 過雨看松色   松方正義
 かうしょうしょくをみる

時雨が過ぎるといちだんと鮮やかな松の緑をみることができる


手前にある鉄柵で囲まれた橋は日本で最初の鉄筋コンクリート製の橋だそうです。

1004256.jpg








第2トンネル西側。

 隨山到水源   西郷従道
 やまにしたがいすいげんにいたる

1004257.jpg








第2トンネル東側

 仁以山悦智為水歓   井上 馨
 じんはやまをもってよろこび ちはみずをなしてよろこぶ

仁者は動かない山を悦び,智者は流れゆく水を為すを歓びとする

1004258.jpg








新緑がとても美しく、楽しく歩くことができました。

10042598.jpg

新緑や明治の事業美しき








本圀寺に渡る橋。緑の中に朱が映えています。
右側は天智天皇陵。だからこの辺の地名は御陵(みささぎ)。

10042591.jpg








諸羽トンネル西側。このトンネルは昭和になってからできたものなので扁額は掲げられていません。
元の疏水だっとところは埋め立てられて道や公園になっています。

10042592.jpg








諸羽トンネル東側
「おっちゃん、疏水は魚釣り禁止やで。」

10042593.jpg








山科の藤尾あたりです。ここから先は長い第1トンネルとなります。道は小関越の山道になります。

第1トンネル西側の扁額は
 廓其有容   山縣有朋
 かくとしてそれかたちあり

悠久の水をたたえ,悠然とした疏水のひろがりは,大きな人間の器量をあらわしている

10042594.jpg






正面の山が三井寺です。琵琶湖疏水はその下を第1トンネルとなります。
疏水の上を京阪の石山坂本線が通っています。

第1トンネル東側の扁額は
 氣象萬千   伊藤博文
 きしょうばんせん

千変万化する氣象と風景の変化はすばらしい

10042596.jpg








大津港。ここから琵琶湖の水が疏水に流れ込みます。
その浜には旧制第三高等学校ボート部の艇庫が。現在は京大の「神陵ヨットクラブ」が使用しています。神陵とは吉田山のことです。
♪われは湖の子 さすらいの♪

10042597.jpg

夏近き湖の艇庫に迎へらる

長い記事に最後までお付き合いいただきありがとうございました。
南禅寺から山科まで行くつもりだったのですが、結局琵琶湖まで歩いてしまいました。
心配していた筋肉痛も、翌日翌々日にもなくほっとしています。

健脚が取柄のふたり山笑ふ

新緑の美しいこの季節、ぜひゴールデンウィークにお出かけください。

 

続きを読む

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

美しいカタチ ~ 河井寛次郎記念館

河井寛次郎記念館へは以前からぜひ行ってみたいと思ってました。

1004242.jpg

若葉風座り心地のよき木椅子







入館料900円に一瞬ビビってしまいましたが、それ以上の満足感がありました。

1004244.jpg








館内には美しいカタチがあふれています。

1004246.jpg








特別な美術品ではなく、実用品の中に美をもとめる「用の美」。

1004245.jpg








この記念館も彼の自宅。

1004241.jpg








気が付けば2時間以上を過ごしていました。

1004243.jpg

桜蕊降るや振り子の音高し

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

松尾大社 ~ 山吹まつり

「山吹まつり」を開催中の松尾大社に行ってきました。
きれいに咲き誇っていました。

1004181.jpg








十三参りや初宮参りの方も多く訪れていました。
赤ちゃんの額には紅で「大」や「小」の文字が。

1004182.jpg

山吹の宮に晴れ着の赤子かな








松尾大社にはいくつかの庭がありますが、すべて重森三玲による作庭。
こちらは「曲水の庭」。流れの曲がり具合が昭和モダンです。

1004183.jpg








松尾大社はお酒の神様でもあります。

1004184.jpg








造り酒屋さんでしょうか。それとも日本酒ファン?

1004185.jpg



テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

レンゲ畑

広沢池の西側です。
レンゲ畑が広がっています。

1004191.jpg

れんげ野や祖母と作りし首飾り







レンゲの向こう側には菜の花が。
まさに春の光景です。

1004192.jpg








たんぽぽはもう綿帽子になっているものもありました。

1004193.jpg

20日には「れんげを摘む会」が開催されるそうです。


テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

さくら散る

桜の写真もこれで終わりにします。

1004153.jpg








咲いている桜もきれいですが、散った桜にも特別な気持ちを抱いてしまいます。

1004152.jpg


 はながちる               
 はながちる               
 ちるちるおちるまひおちるおちるまひおちる
 光と影がいりまじり           
 雪よりも                
 死よりもしずかにまひおちる       
 まひおちるおちるまひおちる       

 光と夢といりまじり           
 ガスライト色のちらちら影が       
 生まれては消え             

 はながちる               
 はながちる               
 東洋の時間のなかで           
 夢をおこし               
 夢をちらし               

 はながちる               
 はながちる               
 はながちるちる             
 ちるちるおちるまひおちるおちるまひおちる

 (『さくら散る』 草野心平)

1004151.jpg

さまざまの事思ひ出す桜かな 芭蕉


テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

宝ヶ池公園 ~ 桜とつつじの競艶

静かに花見をしようと、宝ヶ池に行ってきました。

1004102.jpg








つつじがあちらこちらで鮮やかな色をみせています。

1004101.jpg









桜とつつじが艶やかさを競うかのようです。

1004104.jpg






水面に漂う桜の花びら。それそろ桜の季節も終わりなのですね。

1004103.jpg

鯉の来て動き始むる花筏

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

岡崎公園 ~ 桜満開

今日は朝から雲ひとつない晴天でした。
出勤途中の岡崎公園です。

1004082.jpg








朝日に輝く桜にうっとりとしてしまいます。

1004081.jpg








刻々と光線の具合が変わっていきますが、同時に刻々と電車の時間が近づいてきます。

1004083.jpg

後ろ髪をひかれる思いで駅へと向かいました。

桜さくら満ちたる中に暮らしけり

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

鴨川散策

4月の最初の土曜、日曜。京都の桜名所は人で溢れています。
もちろん私もカメラ片手に哲学の道、黒谷、岡崎公園、南禅寺とでかけました。

けれど日曜の午後はのんびりと鴨川の散歩です。

1004042.jpg








鴨川も人でいっぱいです。けれどどこかのんびりとしています。
他のところは観光の方がほとんどなのに対して、鴨川は地元の方が中心だからでしょうか。
ゆったりと川沿いを散策したり、お酒を飲んだりしています。

1004044.jpg








京都の特徴は川にあると思います。鴨川(加茂川、高野川)、桂川、高瀬川、白川、天神川、疏水…。
これほど川が憩いの場として機能しているところは珍しいでしょう。
しかも百万都市の繁華街のすぐ横を流れながらこれほどきれいな川というのも驚きです。何せ四条大橋の下でアユ釣りができるのですから…。

出町の合流点あたりもたいへん賑わっています。

1004046.jpg








河原だけでなく、川端通沿いの歩道も桜並木になっています。

1004041.jpg








鴨川から高野川に沿って歩いてみました。
ずっと桜並木が続いています。

1004045.jpg

私が京都でいちばん好きな桜スポットは鴨川です。

桜みち鴨の流れに沿ひにけり

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

松山紀行 ~ 砥部焼

松山のそばに砥部という焼き物の町があります。
その中の陶里ヶ丘と呼ばれるエリアはおしゃれな窯元が並んでいて、それぞれを廻って作品を眺めていると時間が経つのを忘れてしまいました。

1004037.jpg










1004033.jpg

喫茶店のやうな窯元花ミモザ








1004035.jpg









1004032.jpg









1004034.jpg

旅先に器選びて春惜しむ

テーマ : 四国旅行
ジャンル : 旅行

松山紀行 ~ 道後温泉

松山といえばやはり泊まりは道後温泉。
道後温泉といえば「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルにもなったという道後温泉本館。

1004023.jpg







この道後温泉本館は朝6時から夜10時まで入浴することができます。
朝は太鼓の音とともに営業が始まりますが、その時にはこんなに沢山の人が…。

1004024.jpg

春曙湯屋の太鼓に目覚めけり








地元の方たちはこの道後温泉本館のことを単に「本館」と呼んでいます。
本館を利用するのは主に観光客です。それに対して地元の方たちは近くにある「椿の湯」に行きます。

1004021.jpg








道後温泉に行くにはやはり「坊っちゃん列車」に乗って行きましょう。
漱石が「マッチ箱のような汽車だ」と呼んだ客車の実物が子規庵の前に展示してありました。
これは街なかを走っている現在の「坊っちゃん列車」。

1004022.jpg

春うらら車掌の語尾の長きかな

テーマ : 四国旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: