虎屋菓寮さん

まるで一流ホテルのラウンジを想わせるこの空間はとらやさんの京都一条店の隣にある虎屋菓寮です。

1007281.jpg








お茶と和菓子をいただけるのは当然ですが、店内には美術工芸などの本が置かれておりそれをゆっくりと眺めていることができます。
今回は羊羹ではなく宇治金時をいただきました。

1007282.jpg

図録見る麦茶いくども注ぎくれし







とらやさんというと東京の和菓子屋さんというイメージを持っている人が多いそうですが、もともとは京都で1500年代から続くお店です。


1007283.jpg








宮中との関係が強かったので明治維新の遷都とともに東京に本店を移されました。

1007284.jpg








京都では四条御幸町とこの御所の横一条に店がありますが、こちら一条店の方が静かで落ち着けます。

1007285.jpg

また数量限定ですが、なかなか予約のとれないお店として有名な「祇園さゝ木」さんプロデュースのお昼のお弁当もここで食べられるそうです。こちらもぜひ一度頂いてみたいものです。


テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

下鴨神社 ~ 御手洗祭

このブログのいちばん最初の記事が昨年の御手洗祭だったので、ちょうど一年が過ぎたことになります。

1007251.jpg








とりあえずガイド本を1冊買ってきて始めたブログでしたが、なんとかここまで続けることができました。

1007255.jpg








これまでアップした記事の数は122。
時にはブログを書くためにネタ探しに走るということもありましたが、今では記事になるのを待っている写真がたくさんあります。

1007252.jpg








写真を、そしてこのブログを始めてますます京都が好きになりました。
また京都の奥深さに気付きました。

1007253.jpg








昨年とくらべてより上達した写真を撮ろうと出かけてみましたが結果は…。
相変わらず同じような写真です。まだまだ修行が必要なようです。

1007254.jpg

一年の思ひ溢るる清水かな







これからもいろいろな京都を写していきたいと思いますのでどうぞお付き合いください。

1007256.jpg

夏の燈や糺の森の奥深く


一年間続けられてとてもうれしいです!
来ていただいたみなさま、本当にありがとうございます!!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。 (俳句担当者) 
 
  

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

紫織庵

祇園祭の時に見かけた町家が気になって調べてみました。
ひとつ前の記事「祇園祭 ~ 山鉾巡行」の5枚目の写真、大勢の方が屋上から巡行見物をされていたお宅です。

1007232.jpg








それは「紫織庵」さんで「京のじゅばん&町家の美術館」となっています。
元々は江戸後期の名医・荻野元凱の屋敷で、大正15年に室町随一の豪商・井上利助氏が元凱時代をそのままに、当時最新のライト様式のモダンな洋間を加えて新築した、京都の伝統的な「大塀造」といわれる建築の代表例だそうです。

1007231.jpg

大正のガラスの気泡夏日影







素晴らしい茶室や客間があったのですが、写真撮影ができるのは庭と洋間だけということで残念でした。
2階の洋間のステンドグラス。たいへん趣のあるものです。

1007235.jpg








また7月いっぱいは「祇園祭と屏風飾り」という特別展が開催されていてさまざまな屏風をみることができます。洛中洛外図はたいへん興味深いものでした。
お座敷は網代敷に御簾障子という夏のしつらえになっています。
*この写真は庭を撮影したものです。写真撮影ができるのは庭と洋間だけですので…。

1007233.jpg








山鉾巡行の日からずっと晴天で京都の街は37度を超えるというとんでもない猛暑日が続いておりますが、夏の京町家は涼しく過ごす工夫にあふれています。

1007234.jpg








ここが気になっていた屋上。その名も「鉾見台」で山鉾巡行を見るためのものでした。

1007236.jpg

場所は新町通六角を上がったところにあります。
見学は予約が必要ですが、当日の電話連絡でも大丈夫でした。
ちなみに「京の夏の旅」のパンフレットを持参すると入場料500円が400円になりました。



テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

祇園祭 ~ 山鉾巡行

祇園祭のハイライト山鉾巡行です。
最初は河原町通りで見ていたのですが、その後新町通りに移動しました。

1007175.jpg








新町通りは狭い通りなのですぐそばに山鉾を見ることができます。

音頭取も

1007174.jpg








囃子方も

1007171.jpg








曳方もみんなすぐそばで見ることができます。

1007176.jpg








暑おすなぁ

1007178.jpg








そうどすなぁ

1007179.jpg








二階の窓からすぐそばに山鉾を見ることができる新町通り。
引っ越して来たくなりました。

1007177.jpg

見送りて余韻の中や梅雨の明


巡行見物の後は遅い昼ご飯を。
祇園祭といえば新町通綾小路上ルの矢尾定さんへ。





今回のおまけはこちら

続きを読む

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

祇園祭 ~ 宵々山

宵々山に出かけてきました。
生憎の小雨模様でしたが、それはそれで風情のあるものです。

1007161.jpg








太子山。蝋燭の灯りが祇園祭が神事だということを思い出させます。

1007163.jpg

浴衣の子太子の智恵を授けたし






「ご信心の皆々さまは…」
子供たちが歌いながら粽などを売っています。

1007162.jpg








家々ではご自慢の屏風などを道行く人に披露されています。

1007166.jpg









こちらのお宅は山鉾勢ぞろい。
今年の巡行順に並んでいます。

1007165.jpg



テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

法金剛院 ~ 観蓮会

法金剛院で観蓮会(かんれんえ)が7月10日から8月1日まで開催されています。

1007111.jpg








蓮を見るとあって、朝7時から開門となります。
初日の開門と同時に行ったのですが、すでに沢山の人が訪れていました。

1007117.jpg

朝まだき蓮見の客の華やぎて






葉の表

1007112.jpg








葉の裏

1007115.jpg








花のアップを

1007113.jpg








さらにアップを
グロテスクなのかエロティックなのか…

1007114.jpg








恥ずかしがりや

1007116.jpg

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

祇園祭 鉾建て

祇園祭のクライマックス山鉾巡行まであと1週間となりました。

1007101.jpg







長刀鉾や月鉾などで鉾建てが始まりました。

1007102.jpg








職人さんがくぎを使わず縄だけで部材を固定していきます。

1007103.jpg








単に縛り上げていくだけではなく、美しい縄模様になっています。

1007104.jpg








使われる縄は総延長5キロにもなるとか。

1007105.jpg








14日までには32基の山鉾全てが組みあがります。

1007106.jpg

鉾立や材に方角書かれたる



本日のおまけはこちら。

続きを読む

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

サントリー山崎蒸留所

サントリー山崎蒸留所の工場見学をしてきました。

1007055.jpg








こちらは山崎ウイスキー館内。
ウイスキーに関する展示やショップ、テイスティングコーナーがあります。

1007054.jpg








原酒のボトルがずらりと並んでいます。
ちょっとした条件の違いが微妙な色合いや味わいの違いとなっています。

1007057.jpg








この山崎ウイスキー館は自由に入ることができます。
工場見学は前日までの予約が原則ですが、空きがあれば当日参加もできます。
もちろん無料で、試飲付き!
ネットで優待券をプリントアウトしておけばグラスのお土産付きです。

1007056.jpg








こちらは工場内。
山崎蒸留所ができた1924年の樽。

1007052.jpg

山清水モルトの精と眠りけり






樽のカットモデル。
熟成4年できれいな琥珀色になっています。

1007051.jpg








工場見学の最後は試飲コーナー。
山崎や白州をハイボールや水割りで飲み比べできます。
山崎のハイボールにはまってしまいそうです。

1007053.jpg

工場見学の際にはくれぐれも電車やバスでお出かけください。
 

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

黄檗山萬福寺

黄檗山萬福寺
建物はすべて中国の明朝様式の伽藍配置です。

1007018.jpg







まず最初に迎えてくれるのはこのお方。我々には布袋さんとして馴染み深いですが、弥勒菩薩の化身だそうです。お釈迦様の滅後五十六億七十万年後にこの世に現われ、お釈迦様の救済にもれた一切衆生を救ってくださるそうです。

1007017.jpg







法堂前の勾欄は卍(まんじ)くずしの文様。

1007013.jpg







暑い日でしたが、大雄宝殿(本堂)内はそんなことを忘れる張りつめた気に溢れています。
ご本尊のお釈迦様を撮影することは遠慮しました。

1007019.jpg







ご本尊を取り巻く羅漢さん。

1007012.jpg







萬福寺は普茶料理で有名です。予約が必要なのでこの日はいただくことができませんでしたが、ぜひ一度味わってみたいものです。

1007015.jpg

いわゆる京都のお寺とは違った雰囲気があり、時間を経つのを忘れて拝観させていただきました。


白南風や黄檗といふ駅に下り




テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: