京都は左、大阪は右

「京都は左、大阪は右」といっても別に政治の話ではありません。



JR京都駅にて

1009252.jpg


阪急梅田駅にて

1009251.jpg


エスカレータで立っている時の立ち位置です。
東京を始めとして全国的には左側に立って、右側を歩く人のために空けておくのが一般的です。
大阪はその逆になります。大阪以外の関西圏も私が見た限りそのようですが、京都だけは逆です。
なぜそのようになったかは分りませんが、東京に合わせたというよりは大阪の逆にしているという方が当たっているかもしれません。


大阪では朝夕のラッシュ時でもだいたいこの原則は守られていますが、京都では間違って右側に立っている人もかなり見かけます。関西は全て右と思っているのでしょう。

この逆に立った人に続く人の反応も大阪と京都では違います。
大阪では左に立ってしまった人の後ろの人はあくまでも原則通り右に立ちます。「このおっさんは間違えてるけど俺は間違えへんで」といったところでしょうか。それで乱れかけた列もすぐに元に戻ります。

京都では二通りあります。
「いややわ、この人間違えてはるわ、けどうちは間違えへんし」と大阪と同じように逆の方に立つ人もいますし、「左に立ちたいんやけど、そしたら後から来はった人が通れへんようになってしまうし」と前に続く人もいます。どちらかといえば後者の方が多いような気もします。そのため乱れた列は、更に乱れていきます。


どちらにしろ私のように京都に住んで大阪で勤めている者は、エスカレータに乗るたびに「ええっと、ここは大阪やから右に立って」といちいち考える必要があります。ああややこし。
 
 
 
 
 
 
今回の記事を書いていて新たに気付いたこと。

写真の上り方向も京都は左で大阪は右になっています。
これは初めて気が付いたので今後あちこちのエスカレータで確認してみたいと思います。

どなたかエスカレータ関連の方、教えてください。

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

舞妓さん ~ 千両ヶ辻にて

可愛らしい舞妓さん。紅は下唇にだけ、まだ舞妓になりたてですね。

1009242.jpg








ふとした表情も魅力的です。

1009243.jpg








みなさん上七軒の舞妓さんです。
晴明神社の大祭に合わせて今出川大宮を下がったあたりで「千両ヶ辻」のイベントがありました。
そこでお茶を点てていたのがこの舞妓さんたちです。

1009244.jpg








西陣のこの辺りは立ち並ぶ糸問屋や織物商が一日に千両もの商いをしたことから「千両ヶ辻」と呼ばれたそうです。
晴明神社の大祭に合わせて町家の公開などが行われました。

1009241.jpg

秋雨に大サービスの舞妓さん

続きを読む

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

広沢池

夜明けの写真を撮りたくなりました。とはいっても住んでいる左京区辺りだと東山があるのできれいな朝日を撮るのは結構難しいです。
そのため京都盆地の西側、広沢池に行ってみました。


1009221.jpg

それにしてもすっかり秋の雲ですね。








朝日に輝く可愛いハート。

1009222.jpg








そろそろ帰り支度をしようかと思っていると、池の西側の観音島辺りからもやが…。
幻想的な光景を見ることができました。

1009223.jpg


続きを読む

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

喫茶ソワレさん

初めて訪れた人はその独特な雰囲気に驚いてしまうレトロな喫茶店。

1009181.jpg








真昼でもブルーに染まった店内。

1009184.jpg








いただいたのは名物ゼリーポンチ。
炭酸に入ったカラフルなゼリー。

1009182.jpg








四条木屋町にありながら、周りの喧騒とはまったく無縁の世界です。

1009183.jpg

深海に身を沈めたる秋の昼






ソワレといえば東郷青児。

1009185.jpg

この辺りは「築地」や「フランソワ」など昔からの喫茶店が残っています。
もしよろしければ、お好きな京都の喫茶店の名前をコメントに入れてもらえませんか。今はなくなってしまった店でも結構です。

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

無鄰菴

無鄰菴(むりんあん)は明治の元老である山県有朋が京都に造営した別荘。

1009131.jpg








作庭は七代目小川治兵衛(通称は植治)によるものです。
京都の岡崎地区には植治による庭が多数残っています。

1009135.jpg








「植治の庭」の特徴は東山を借景とし、琵琶湖疏水の水を引き込んでいること。
何とも贅沢なものです。

1009132.jpg

元勲の庭のおほらか水の秋





またこの無鄰菴の中には洋館が建てられています。
ここで明治36年4月21日,元老・山県有朋,政友会総裁・伊藤博文,総理大臣・桂太郎,外務大臣・小村寿太郎の4人によって,日露開戦直前のわが国外交方針を決める「無鄰菴会議」が開かれています。まさに「坂の上の雲」の時代です。


1009133.jpg








訪れたのはまだまだ暑い日でしたが、日蔭ではそろそろ秋を想わせる風が吹いていました。

1009134.jpg


こんなことを書いてはいけないのかもしれませんが…。
正直な感想は、野趣あふれる庭というか、あまりきちんと手入れされていないのではという感じを受けてしまいました。いえ、私の感性の問題なのかもしれませんが…。

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

伊丹空港にて

最近乗り物の写真が多くて恐縮です。しかも京都ではないし…。

1009101.jpg








先日機会がありまして、伊丹空港で飛行機の写真を撮ってきました。

1009102.jpg








このブログのテーマとは違っているのでアップはしないでおこうと思っていたのですが、暑さのためにあまり写真を撮りにでていないため急遽登場となりました。

1009103.jpg

秋天に高く飛び立つ旅ごころ







場所は空港の南端にある川の土手です。ちょうど飛行機の進入路の真下になりかなり迫力のあるところでした。

1009104.jpg








伊丹空港は久しぶりに行きましたが、大型機がめっきり減っていますね。

1009105.jpg








本当は流し撮りにも挑戦したのですが、なかなか気に入るものはなく今回はみんなボツとなりました。

1009106.jpg



テーマ : 航空機
ジャンル : 写真

南禅寺

南禅寺の朝です。

1009061.jpg








南禅寺は東山の麓にあります。
そのため回りがかなり明るくなってから朝日が差し込みます。

1009062.jpg








それでも朝日でできる光と影に目を奪われます。

1009063.jpg








楓のシルエット…

1009064.jpg








柱に差し込む光…

1009065.jpg








さあ、新しい一日の始まりです。

1009066.jpg



テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

梅小路蒸気機関車館

梅小路蒸気機関車館へ行って、駅舎の写真ばかりを撮っていたわけではありませんでした。
撮り鉄の方にはおよびませんが、SLの写真も結構撮りました。SLに関しては詳しくはありませんので説明は書きません。
どうぞいろいろな写真をご覧になってください。

1009028.jpg








1009027.jpg








1009022.jpg








1009023.jpg








1009025.jpg

ソドー島見つけし気分秋はじめ







1009024.jpg








1009026.jpg








1009021.jpg

この写真を見てマニアの方ならきっと気がつかれます。
実はこの撮影をしたのは6月下旬です。このSLは普段は山口線を走っているC57形1号機、愛称「貴婦人」です。この時は4年に一度の検査のために京都に来ていました。

どうやってここまで運んで来たのでしょう?山陽本線を自走?それともトラック輸送?



テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: