青蓮院門跡

いよいよGWが始まりました。まず初日はおとなしくご近所訪問です。
今まで訪れたことがなかった青蓮院門跡に出かけてみました。

1104296.jpg








ここは人が多いとのイメージがあって今まで避けていたのですが、木々の緑に誘われて中に入ってみました。

1104294.jpg








予想に反してGWというのに人も少なくゆっくりと拝見することができました。

1104292.jpg








特にお庭が美しく、すっかり心が洗われました。

1104295.jpg








これからも季節ごとに、あるいは夜間拝観にも出かけてみたいと思います。

1104293.jpg








ただ気になることが。人が少なかったのは震災の影響で観光客が減っているためかもしれません。
帰りに通った岡崎公園あたりも人が少ないように感じました。
日本経済活性化にほんの僅かな足しになるよう、連休中は消費に励みたいと思います。
まじですか?聞いてないなあ 俳句担当)

1104291.jpg

倫敦も若葉妃の誕生す


テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

桜便り ~ 大原の里

今年はいろいろな桜を撮りました。
華やかな桜、しっとりとした桜、歴史を感じさせる桜、輝く桜。
その桜便りの最後は自然の中ののんびりとした桜を撮りたくなりました。
そこで出かけたのが大原。この日は三千院にも寂光院にも寄らず、ただ畑の中を桜をもとめて歩きまわりました。

1104201.jpg








1104202.jpg








1104204.jpg

野に遊ぶ平飼い卵売る里に







1104203.jpg








1104205.jpg








1104206.jpg

余花に逢ふ京都大原小さき旅

今年の桜撮影はこれでおしまい … だと思います。


テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

桜便り ~ 会津藩を訪ねて

再び京都府庁旧本館の中庭です。
前回訪問した時にはまだ咲いていなかった容保桜(かたもりざくら)が咲き誇っています。

1104171.jpg








容保桜というのは山桜の変種で、通常の山桜より大輪で大島桜の要素も持っているそうです。昨年、桜守16代佐野籐右衛門さんが発見し、この京都府庁の場所がかつての京都守護職上屋敷があったところから、容保桜と名付けました。

1104172.jpg

山桜会津の殿の名をもらふ






松平容保といえば会津藩。京都で会津藩といえば金戒光明寺、通称黒谷さんを抜きにして語ることはできません。
京都守護職として京都に駐留した会津藩千名は金戒光明寺に本陣を構えました。京都守護職御預かりであった新撰組もこの金戒光明寺にたびたび出向きました。

その金戒光明寺にある会津墓地にも桜が咲いています。

1104176.jpg







ここには禁門の変(蛤御門の戦い)や鳥羽伏見の戦いなどで亡くなった武士をはじめとする人々が葬られています。故郷から遠く離れた地で亡くなった人々を見守るかのような桜です。

1104174.jpg










金戒光明寺にある放生池にも散ってしまった桜の花びらが。
散ってなお生命あるがごとく流れています。

1104175.jpg 

*容保桜は4月10日に撮影したものです 
 
 

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

桜便り ~ 木屋町高瀬川沿い

ネオンの街、木屋町を流れる高瀬川。

1104155.jpg








その高瀬川沿いに桜並木が続きます。

1104153.jpg








木屋町は祇園と違って若者が多い街。

1104151.jpg








だから桜もなんだか祇園白川沿いとは違います。

1104154.jpg








しっとりとした風情ではなく、溢れんばかりのエネルギー。

1104152.jpg








ここはゆっくりカメラを構えるところではなく、ふらりふらりと千鳥足で彷徨う街。

1104156.jpg

そろそろカメラは置いて、花見で一杯といたします。
 
 
 

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

桜便り ~ 岡崎公園琵琶湖疏水

岡崎公園の朝です。

1104143.jpg








平安神宮、美術館、動物園などがある一帯を広く岡崎公園とよび、人気の観光スポットです。

1104142.jpg








特にこの琵琶湖疏水沿いには多くの桜が植えられており、このシーズンは多くの人で賑わいます。

1104144.jpg








けれど早朝はとても静かです。京都にお泊りの時にはぜひ早朝観光をしてみてください。また違った京都が見えてきます。

1104141.jpg








これは別の日に撮った写真なのですが…。花見の特等席です。
疏水沿いにある京都国立近代美術館のロビーです。1階は入場無料なのでミュージアムショップを覗いたり、疲れた時にはこのように座ったり、喫茶店もあります。

1104145.jpg

一枚の絵画ロビーの花の窓 
 

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

桜便り ~ 南禅寺

小雨降る早朝の南禅寺です。
静寂の中にしっとりとした桜を楽しむことができました。

1104091.jpg







1104092.jpg







1104093.jpg







1104094.jpg







1104095.jpg







1104096.jpg







1104097.jpg

青空の下の桜もいいですが、雨に濡れた桜もきれいです。 
 
 

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

桜便り ~ 醍醐寺

太閤秀吉が行った史上最大の宴「醍醐の花見」の舞台がここ醍醐寺です。

1104071.jpg








花見のために近畿各地から700本もの桜を10日間で集め、

1104077.jpg

太閤も茶々も眺めし桜かな






女性ばかり1300人の招待客に一人三着の着物を与え、

1104072.jpg








戦乱で荒れていたこの五重塔はひと月で修理をさせ、

1104075.jpg








花見のルートには八つの茶屋が設けられ、それぞれ工夫を凝らした趣向で人々をもてなしました。

1104073.jpg








秀吉が愛でた醍醐の桜を観ようと、平日にも関わらず多くの方がみえていました。

1104076.jpg
 
花人に下校の子らも下醍醐 

 

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

桜便り ~ 京都府庁旧本館

京都市内のあちこちで桜が咲き出しています。

1104025.jpg








ここは京都府庁旧本館の中庭。

1104026.jpg








このしだれ桜は円山公園の初代しだれ桜の孫にあたるそうです。

1104024.jpg








建物は明治37年に竣工したものをまだ現役で使用しています。
コンサートや結婚式もこの建物で行うことができるそうです。

1104022.jpg

花の昼「アニーローリー」流れ来て






ルネサンス様式の建物と桜の組み合わせ、なかなか良いものです。

1104021.jpg








平成の桜守、16代佐野籐右衛門さんによって昨年「容保桜(かたもりざくら)」と名付けられたこの山桜。残念ながらまだ蕾でした。

1104023.jpg
 
 
 

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: