岡崎公園 ~ 近代化遺産を訪ねて

我が家の近所、岡崎公園あたりをブラブラしました。
今回はきれいな風景を訪ねて歩くのではなく、明治以降の京都の近代化の痕跡を訪ね歩いてみました。

まずは何といっても日本で最初の発電所である『蹴上発電所』。
琵琶湖疏水から流れてきた水で発電を行っていました。
ここで作られた電気によって全国初の市電が通ったり、さまざまな産業が起こされました。

1203211.jpg

六芒星は当時の京都市水道局のマーク。漢字の「水」をデザイン化したものらしいです。






琵琶湖疏水は水運にも使われていました。舟は琵琶湖から水路を通り、発電所付近は急流となるためインクライン上を台車に乗せて運ばれました。
ちなみにインクラインはincline ずっとインク-ラインと思っていましたが (えっ、ホントですか 俳句担当)、イン-クラインが正解でした。もともとは「斜面」「傾斜」という意味ですが、日本ではケーブルカーなどの「傾斜鉄道」の意味合いで使っているようです。

1203212.jpg

インクラインは桜の名所なのですが、今年は桜が咲くのはまだまだ先のようです。







琵琶湖疏水と白川の合流地点。左の大きく口を開けているのが白川です。比叡山から流れてくる白川は良質な砂が多く、京都の社寺の庭園に使われています。
向こうは京都市動物園。動物園の休憩所の下の部分はかつてのインクライン動力室。ここからインクラインにケーブルが伸びて舟を乗せた台車を上げ下げしていました。

1203213.jpg







岡崎地区の景観をつくっているのは何と言っても「水」。
琵琶湖疏水や白川といった水路、そして平安神宮などの社寺やあるいは我々にはなかなか見ることができない別荘群の池。
ここは京都市美術館の池です。

1203214.jpg








国立近代美術館の南側で白川は再び琵琶湖疏水から分岐します。この先祇園を流れ鴨川に流れ込みます。

手前と先にあるコンクリートブロック。そこに切れ込みがあります。
かつてはここに板を差し込んで水を堰き止めプールにしていたそうです。そういえばプールに降りる鉄梯子がまだ護岸に残っています。

1203215.jpg








インクラインを下った舟は再び琵琶湖疏水を進みます。下りは櫓を使って進みますが、上りは岸から人力で引っ張っていきます。護岸にある通路はそのためのものです。
高瀬川も同じように人力で上りの舟を引っ張っていたそうです。

1203216.jpg








琵琶湖疏水が鴨川に流れ込む手前にあるのが『夷川発電所』。ここの電力でこの辺り一帯は工場地帯となっていました。紡績工場、製粉工場、伸銅工場…。
岡崎地区が工場地帯というのは今となってはとても違和感がありますが、当時は発電所があり、内国勧業博覧会が開かれ、そこへの交通のため市電が走り、さまざまな先端産業があるハイテクゾーンと感じられていたのかもしれません。

1203217.jpg








夷川発電所手前の遊水地。向こうに見える京都大学の熊野寮は元々鐘ヶ淵紡績の工場だったところ。名門スイミングスクールの京都踏水会はこの遊水地が練習場。池の南側は少し土地が低くなっていますがここにたくさんの水車があって製粉をしていたそうです。

1203218.jpg

水温む目蓋だんだん重くなり



今回訪ねたのはこちらです。

続きを読む

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

瑞泉寺

若者で賑わう木屋町三条に瑞泉寺はあります。

1203241.jpg



以下少し長いですが門前の説明から。

【瑞泉寺】

慈舟山と号し、浄土宗西山禅林寺派に属する。豊臣秀吉の甥、豊臣英次一族の菩提を弔うために建立された寺である。
秀次は、秀吉の養子となり、関白の位を継いだが、秀吉に嫡男秀頼が生まれてからは、次第に疎んぜられ、文禄4年(1595)7月、高野山において自害させられた。
次いで8月、秀次の幼児や妻妾たち39人は三条大橋西畔の河原で死刑に処せられた。遺骸はその場に埋葬され塚が築かれ石塔が建てられていたが、その後の鴨川の氾濫などにより次第に荒廃した。慶長16年(1611)、角倉了以が高瀬川の開削中にこの墓石を発掘して墓域を再建するとともに、その地に堂宇を建立した。これが当寺の起こりで、僧桂叔を開基とし、寺号は秀次の法号瑞泉寺殿をとって瑞泉寺と名付けられた。本堂には本尊阿弥陀如来像が安置され、寺宝として秀次及び妻妾らの辞世の和歌を蔵している。また境内には秀次の墓及び幼児・妻妾や殉死した家臣らを弔う四十九柱の五輪塔がある。

1203242.jpg








ここに秀次一族が弔われています。

1203243.jpg








引導地蔵尊。
ここに安置されている地蔵菩薩像は、秀次一族の処刑の際、四条・大雲院の僧貞安上人が刑場の一隅に運び込み、次々と打たれる子女たちに引導を授けたと云われます。

1203245.jpg

人形の面立ち優し弥生尽






現在、この瑞泉寺の辺りは繁華街。寺の前を過ぎて行く人のほとんどはこんな歴史がこの地にあるとは知りません。

1203244.jpg



瑞泉寺の場所はこちらです。

続きを読む

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

梅便り~京都御所 黒木の梅

今日は春分の日、朝から御所へ黒木の梅を見に行ってきました。。
向こうに見えるのは建礼門です。

1203201.jpg








朝日が徐々に当たってきています。

1203202.jpg








おはようございます。
砂利の中の自転車専用道の交差点。

1203203.jpg








早起きは三文の得。朝日に輝く梅を見させてもらいました。

1203204.jpg








1203205.jpg

紅梅の盛り御苑の真ん中に



テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

梅便り~北野天満宮

北野天満宮に出かけてきました。

1203181.jpg








今年はなかなか梅の盛りになりませんでしたが、ようやく見頃を迎えています。

1203182.jpg








北野天満宮と云えば学問の神様。
受験シーズンもそろそろ終わりでしょうか。頑張れ受験生達。

1203183.jpg

梅東風や吉報乗せて吹いてこよ







境内にはほのかな梅の香りが漂っています。

1203184.jpg








狛犬も梅に囲まれ気持ちよさそうです。

1203185.jpg








もうすぐ満開です。

1203186.jpg




テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

京都マラソン2012

京都で初めてのマラソン大会が開催されました。
西京極の総合運動公園をスタートして嵐山、金閣寺、上賀茂神社、鴨川、銀閣寺などを巡って平安神宮まで、京都の名所を廻るコースです。

1203111.jpg








ここは鴨川、荒神橋の上流です。向かいには大文字が見えています。

1203112.jpg

両岸に市民ランナー春の川





朝から良い天気だったのですが、はたしてランナー達に景色を楽しむ余裕はあったでしょうか。

1203114.jpg








沿道の各所でランナーを応援する声があがっていました。

1203113.jpg








ゴールまであと少し。頑張れ~。

1203116.jpg








笑顔でフィニッシュ、お疲れ様でした。

1203117.jpg








今日は3月11日、東日本大震災からちょうど1年。

1203115.jpg

ゼッケンに伝へる言葉風光る


テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

梅便り ~ 京都御所

休日に散歩がてら御所に行ってきました。梅林はまだまだという状況ですが、木によってはきれいな花を咲かせているものも。

紅梅

1203031.jpg








白梅

1203032.jpg








蝋梅

1203033.jpg








満開もきれいですが

1203037.jpg









つぼみもかわいいです

1203035.jpg








手袋も咲いていました。

1203036.jpg

落し物小枝に吊す浅き春



テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: