花火 in 近江舞子

琵琶湖畔の近江舞子で開催された『第13回大津志賀花火大会』に行ってきました。
打ち上げ数が2000発と小規模な花火大会ですが、その分ゆったりと楽しむことができました。

写真の方は昨年の『びわ湖大花火大会』が惨敗に終わったのに比べればまだ少しはマシに撮れたのではないでしょうか。
とはいっても花火撮影の難しさを実感しました。
この夏、ぜひもう一度花火撮影にでかけてもっといろいろな撮り方にチャレンジしてみたいと思います。

1307273.jpg








1307272.jpg








1307274.jpg








1307271.jpg








1307275.jpg

三脚の白砂はらふ揚花火

テーマ : 花火
ジャンル : 写真

南禅寺ハス池

初夏の花はいろいろありますが、この季節無性に撮りたくなるのがハスです。
京都にハスの名所はたくさんありますが、私が好きなのは南禅寺です。
知らない人も多いのですが、勅使門の東側(外側)にハスが咲く池があります。

1307207.jpg








1307202.jpg








1307203.jpg








1307204.jpg








1307205.jpg

a priest cutting
a few lotus flowers
by a long-handled scissors 


(僧が切っていく/蓮の花を少し/長柄鋏で)

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

祇園祭

祇園祭の山鉾巡行に出かけました。
山鉾が全て一緒に巡行するのは今年限りかもしれません。

祇園祭は八坂神社の神様が町に出てきて疫病を追い払ってくださるものです。
そのため八坂神社から神輿に載ってお旅所まで来られるのが17日の神幸祭、そして再び神輿に載って帰って行かれるのが24日の還幸祭です。
その際、神様が動かれる前に町を清めるのが山鉾巡行です。神幸祭の前の巡行が先祭(さきのまつり)といい鉾が巡行し、還幸祭の前の巡行が後祭(あとのまつり)といい山が巡行していました。それが昭和41年に17日に統合されて、24日には花笠巡行が行われるようになりました。

今では祇園祭り=山鉾巡行と思われていますが、このように祇園祭の本質は本来神輿渡御にあるわけです。
そのため来年から山鉾巡行を先祭と後祭という本来の形に分けることが検討されています。
観光への影響や交通規制などを考えると簡単にはいかないでしょうが、実現する可能性はかなり高いものと思われます。

長々と書いてしまいましたが、いろいろな祇園祭の写真をご覧ください。
山鉾巡行や宵山の写真など順番がでたらめですがご容赦を。



1307171.jpg








1307172.jpg








1307173.jpg








1307174.jpg

turning the float
three times
making an acute angle


(鉾を回す/三回/鋭角に)





1307175.jpg








1307176.jpg








1307177.jpg








1307178.jpg

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

達磨さんがいっぱい 勝尾寺にて

今回はちょっと京都を離れて大阪は箕面にある勝尾寺での写真です。
この勝尾寺は西国三十三所の二十三番札所です。

「勝運の寺」としても信仰をあつめ、お寺の至るところに達磨さんがいらっしゃいます。

1307147.jpg








1307142.jpg








1307143.jpg








1307144.jpg








1307145.jpg








1307146.jpg








1307141.jpg

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: