真如堂 ~ 随縁の庭

真如堂に新しいお庭ができたということで行ってみました。
『隋縁の庭』です。

1008182.jpg

以下掲示されていた説明文から。
「隋縁」とは「隋縁真如」の略で、「真理が縁に従って種々の相を生じること」、つまり「真理は絶対不変でも、それが条件によって様々な姿を見せること」をいう仏教の言葉です。
この庭は背後にある仏殿に付けられた四つ目の家紋をモチーフに、葛石で仕切られた中の「四つ目」が、白川砂、さび砂利、黒砂利、たたき、苔で囲まれたりすることによって、ある時は菱形になったり、様々な様相を見せています。また、天候や日差しの当たり方によっても姿を変え、その様子はまさに「隋縁」です。加えて、様々な仏縁に因ってこの庭が出来上がったことも「隋縁」と言えるでしょう。








こちらがそのモチーフとなった家紋。

1008183.jpg








このお庭の設計は重森千青(しげもりちさお)氏。東福寺の方丈庭園で有名な重森三玲氏のお孫さんです。
いかにも重森流のモダンなお庭です。

1008184.jpg

盂蘭盆会三玲の孫に三玲の血





こちらは『涅槃の庭』です。
向かって左(北)を頭にしたお釈迦さまが右脇を下にして横たわり、その回りを弟子や生類たちが囲んで嘆き悲しんでいる様子が、石によって表現されています。
東山三十六峯を借景にしていますが、その山の姿もまたお釈迦さまを表しているそうです。

1008181.jpg








京都のあちこちできれいに咲いていた百日紅の花も、そろそろ散り始めでしょうか。

1008211.jpg








真如堂に行ったことがある方は分るでしょう。この階段の下が境内散策用の抜け道になっています。

1008213.jpg








いつもは無料で境内を散歩させていただいていますが、たまには拝観料を払って見せていただくのも良いものです。

1008212.jpg








『隋縁の庭』の説明文で気になったことがあったのでちょっと調べてみました。
お暇な方 興味がある方はこちらをどうぞ。

 
 
気になったのは「この庭は背後にある仏殿に付けられた四つ目の家紋をモチーフに…」の「家紋」の部分です。普通なら「寺紋」になるはずがなぜ「家紋」?
いろいろ調べて分ったのが、この紋は真如堂のものではなくあの財閥の三井家のものでした。
真如堂は三井家の菩提寺で、三井グループの物故社員の法要も行なわれているそうです。
くわしくはこちらを。
そう考えると説明文の「様々な仏縁に因ってこの庭が出来上がった」というのも三井グループから寄進があったということかもしれません。



迎賓館や相国寺の「五七桐」、そして今回の「隅立四ツ目」と紋の話題が続きますが、私はけっして家紋オタクではありませんので…。
それにしても、相変わらずの写真で…。なかなか上手くなりません。

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: