駒井家住宅

北白川の疏水沿い住宅地の中に駒井家住宅があります。
一昨年の秋に疏水分線を辿った時に見つけて気になっていた建物です。

1105023.jpg








このお宅は京都帝国大学理学部教授の駒井卓博士・静江夫妻の住居として昭和2年に建てられました。
設計は近畿各地に名建築を残しているヴォーリズです。

1105024.jpg








ヴォーリズらしく美しいだけでなく使いやすい住宅です。
この階段も色ガラスを通した光の美しさと、大変昇り降りしやすい段差という実用性の両方を兼ね備えています。

1105025.jpg

博士邸手摺りを撫でて春惜しむ








2階のサンルームを5月の爽やかな風が吹き抜けていきます。

1105027.jpg








駒井博士は動物分類額や動物遺伝学に大きな功績を残した人で、昭和天皇に生物学を教授された学者としても知られています。

1105028.jpg








静江夫人はヴォーリズに嫁いだ一柳満喜子とは神戸女学院時代の学友でした。
この家の設計がヴォーリズなのはその縁でしょう。

1105029.jpg








この住宅は黒澤明監督の昭和21年の映画「わが青春に悔いなし」のロケ地にもなったそうです。
現在もさまざまなポスターなどの撮影に使われているそうです。

1105026.jpg








住宅の隅々までデザイン性に溢れています。ちなみにこちらは勝手口。

1105022.jpg








現在は財団法人日本ナショナルトラストが管理していて毎週金曜と土曜だけ公開されています。

1105021.jpg

熊蜂の昭和の硝子叩きをり 



テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

噂に違わず素晴らしい内装ですね。
以前行ったときは改装工事中で入れなかったのです。
いい季節になったし、行ってみてもいいなぁ。

ありがとうございます

昭和2年の建築とは思えないものですね いいデザインは時代を問わないということでしょうね
珍しい建築をみせていただき感謝です こちらからはとても伺えない距離です

阿修羅王 さん

春の柔らかい光が良く似合う建物だと思います。
疏水沿いの緑も美しく、ちょっとお出かけするにはピッタリのところです。

shuho-t さん

内装や家具も当時のままのものが沢山あります。
ちょっと剥げかけた壁やペンキもまた良い雰囲気を醸し出しています。
観光に来るところではないでしょうが、京都でほっこりというのには面白い所です。

駒井家住宅

素敵な洋館ですねー。ほぉーっと見てしまいました。

実は、昨年の京都旅行の時にも是非行ってみたかったのですが
公開日が金・土ということで、日程が合わずに行けませんでした涙。




電りくヒルズ さん

想像以上に気持ちの良い建物でした。
こんな家に住んでみたいものです。

次回京都に来られた時はぜひ行ってみてください。
駒井家住宅の後prinzでカフェするというのも良いですね。

No title

そろそろ、クマバチの季節なんですね。

みんなビビっちゃうんですけど、おとなしい蜂なんですよねぇ。
あれに比べれば、みつばちも癇癪持ち。

スズメバチは言うに及ばないですけどね。

まんがいんく さんへ

はちみつが好きなので、蜂もわりと好きです。(除くスズメバチ)
目を留めてくださってありがとうございます。
またぜひお越しくださいませ。

こんなところがあるのですね

こんなところが京都にあるのですね。全然知りませんでした。でも、写真がすごくきれい。 どうしたらデジカメでこんなきれいな写真がとれるのやら・・・ と羨ましいです v-344

ぽこら さん

いらっしゃいませ。

京都は和風のところだけでなく、洋風でも見応えのあるところが結構あります。
これからもいろいろなところを紹介していきますので、ぜひまたお越しください。
写真は…。たまに上手く撮れることもありますが、まだまだ打率は低いです。
京都の魅力をもっとお伝えできるように頑張ります。
プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: