祇園祭 祈り

祇園祭は山鉾巡行を中心としたイベントのように感じてしまいますが、その本質は「祇園御霊会」で、京の都から疫病を退散させる祈りの場として平安時代から続いてきました。その「祈り」に触れようと宵山の町を訪ねてみました。


ここ太子山の前ではロウソクが灯され老若男女が拝んでいます。

1107161.jpg








♪ 聖徳太子智恵のお守りはこれより出ます
♪ ご信心の御方様は受けてお帰りなされましょう
♪ 常は出ません 今晩限り
♪ ろうそく一丁献じられましょう

1107162.jpg








こちらは綾傘鉾の会所前。
巡行で演じられる棒振りが披露されています。会所前では普通の浴衣姿で演じられていますが、巡行の時には赤熊(しゃくま)をかぶった独特な風体です。
こうして棒を振ることで周りのさまざまな災厄を祓っているのです。

1107163.jpg

汗光る五尺の棒を振りにけり






祇園祭の囃子方は通常その町内の方がされていますが、この綾傘鉾は壬生六斎念仏保存会の人たちによって演じられています。

1107164.jpg








祇園祭で街のあちこちで飾られているのがヒオウギです。悪霊退散の意味が込められているそうです。

1107165.jpg

檜扇を大きく活ける祭の夜


テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

いろいろ詳しく説明してくださりありがとうございます お蔭で祇園祭に少し詳しくなりました
今横浜に住む弟からこの2泊3日で祇園祭りに行って今帰ったきたと電話がありました
いいなあ、今度いろいろきいてみましょう それによっては私たちも計画せねば・・・・

shuho-t さん

ぜひ来年はお越しください。
今年は3連休と巡行が重なってものすごい人出のようでした。
私はあきらめて別のところに行っておりました。

来年の7月17日は平日なので今年ほどではないと思います。
(その分宵山はすごいことになるでしょうが…)
宿泊の予約も大変なようですので、ぜひ早い目に計画をたててお越しください。
プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: