仲源寺 ~ めやみ地蔵

祇園南座のすぐ横にあるのがめやみ地蔵とも呼ばれている仲源寺。
眼病に霊験があると信仰されています。

1107201.jpg








もともとは大雨で鴨川が氾濫した時に地蔵を鴨川畔に安置して雨止みを祈ったとか、祇園さんや知恩院さんにお参りの時ににわか雨をここの庇を借りて雨宿りしたので「雨止み地蔵」と呼ばれていたそうです。それがいつしか「あめやみ」の「あ」が取れて「めやみ」地蔵になってしまったといわれています。

1107203.jpg








扁額の文字は「雨寄晴好」(うきせいこう)、人生は「降るもよし、晴るるもよし」悲運逆境に負けず、これを努力で克服し、人生を生き抜くということ。

1107202.jpg








四条通に面していながら、門を入っただけでゆったりとした時間が流れだします。

1107204.jpg

喧騒の裏の静寂や夏真昼





それでも祇園という土地柄か、千社札もちょっと他所とは違った雰囲気が

1107205.jpg








お参りに訪れる方も多く、ろうそくの火が絶えることはありません。

1107206.jpg



洛陽三十三所の第16番札所 仲源寺はこちらです。

より大きな地図で 仲源寺 を表示

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

あめやみ→めやみ・・・というのが結構アバウトですね!(^^)!
でもたくさんの信仰を集めているようですね ご紹介ありがとうございます

shuho-t さん

洛陽三十三所の十六番札所になっています。
便利な場所にあるというのもあるでしょうが、結構ひっきりなしに参拝の方がいらっしゃいました。

No title

こんにちは。
初めてコメントいたします、花と申します。
よろしくお願いいたします。


雨奇晴好・・心に響きました。
私はと言えば、雨の時は気持ちが沈んでしまうことが多いです。
人生こうありたいものですね。

花 さん

いらっしゃいませ。

なかなか格言のようにはいかないもの。だからこそ格言が生まれるのでしょう。
ちょっとでも前向きになろうという気持ちを持ち続けたいものです。

このブログも調子が良い時もあれば、なかなか思うような写真が撮れず反応がイマイチな時もあります。
それでも次こそは良い記事にしようと思ってはいますので、ぜひこれからも応援をよろしくお願いいたします。
プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: