夏休み

夏休みになったのでおばあちゃんちにあそびに行ってきました。
おとうさんとおかあさんはおしごとなので、ぼくひとりで行きました。
でまちやなぎから1時間くらいバスにのりました。

1107301.jpg






 

おばあちゃんちはくもがはたというところにあります。
かも川はここからはじまるんだぞと、おじいちゃんはじまんしています。

1107302.jpg









おばあちゃんちのうらはだんだん畑になっています。
まるでスーパーマリオのがめんみたいでした。
ボーナスステージへの入り口をさがしました。

1107303.jpg 








そしたらひみつのそうこを見つけました。
かぎのほかに葉っぱもつかってあかないようにしてあります。

1107304.jpg









こうえんでもあそびました。
けれど、ほかに子どもはいなくてぼくひとりだけでした。
だからあまりおもしろくありませんでした。

1107305.jpg 








おばあちゃんちにひとりできたのははじめてでした。
おじいちゃんも、おばあちゃんもすごいねとほめてくれました。

1107306.jpg


らい年にはバスがなくなってしまうそうです。
そうしたらぼくはどうやっておばあちゃんちにきたらいいんだろう。




雲ケ畑はこちらです。

より大きな地図で 雲ケ畑 を表示

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
子供の夏休みの絵日記風な趣向が面白いですね。
「かぎのほかに、葉っぱで~」の言葉のセンスが好きです。

京都の写真、いいですね。
でも、5年くらい行ってない。
なにか、敷居が高い気がして。
車も混むのが、億劫だし。
祭りの写真もいいですね。
NHKでも、やっていましたが、
独特の、凝縮した空気感を感じますね、この祭りには。
よそ者には、ちょっと、入れない雰囲気ですね。
それが、何百年の歴史を持つ都の魂なのでしょうね。

観光客が観る事が無い、
普段着の、京都、
そんな、写真が観てみたいです。

om4ti さん

いらっしゃいませ。

この雲ケ畑の写真は京都市北区役所主催のフォトツアーに参加した時のものです。
1枚1枚はそれほどインパクトがないため、どのようにまとめようかとしばらく考えていたところ思いついたのがこの絵日記仕立てです。日常の生活描写の中に過疎の実情を汲み取っていただければと思います。

寺社や祭りの写真も好きでが、このような街撮りも最近好きになってきました。
またいろいろな写真を撮っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

おはようございます

ひみつのそうこが気になりました!
どんな宝物が入っているんでしょう。
物語性があって、読んでいてとっても楽しかったです。

小町 さん

いらっしゃいませ。

北区役所主催のフォトツアーに参加しました。
http://www.city.kyoto.lg.jp/kita/page/0000099794.html

水野克比古先生と水野秀比古先生の講評があって、結構美味しいお弁当がついて2000円というのはかなりお得です。秋、冬も北区役所主催で場所を変えて行うそうです。
と、案内してしまうと定員オーバーで抽選になってしまいますので、みなさん聞かなかったことにしてください。

たまにはこんなごく普通の風景を撮るのも楽しいものです。

No title

雲ヶ畑へ行くバスがなくなるのですか?
もの凄くショックです。志明院へ行くときは朝6時過ぎのバスを利用していたのですが・・・
やっぱり過疎化が原因なんですね。
帰りはともかく、行きは自転車ではあまりにも。

今年はこちらを重点に行ってみようかな。

阿修羅王 さん

最終決定なのかどうなのかは良く分りませんが、京都バスは来年4月に廃止にする方針だと京都新聞に載っていました。やはり採算が合わないためのようです、休日は登山客などが結構乗ってくるイメージがあったんですけどね。
自転車で来ている人もかなり見かけました。もっともスポーツバイクですけど。さすがにママチャリでは行きが厳しいですね。
プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: