岡崎公園 ~ 近代化遺産を訪ねて

我が家の近所、岡崎公園あたりをブラブラしました。
今回はきれいな風景を訪ねて歩くのではなく、明治以降の京都の近代化の痕跡を訪ね歩いてみました。

まずは何といっても日本で最初の発電所である『蹴上発電所』。
琵琶湖疏水から流れてきた水で発電を行っていました。
ここで作られた電気によって全国初の市電が通ったり、さまざまな産業が起こされました。

1203211.jpg

六芒星は当時の京都市水道局のマーク。漢字の「水」をデザイン化したものらしいです。






琵琶湖疏水は水運にも使われていました。舟は琵琶湖から水路を通り、発電所付近は急流となるためインクライン上を台車に乗せて運ばれました。
ちなみにインクラインはincline ずっとインク-ラインと思っていましたが (えっ、ホントですか 俳句担当)、イン-クラインが正解でした。もともとは「斜面」「傾斜」という意味ですが、日本ではケーブルカーなどの「傾斜鉄道」の意味合いで使っているようです。

1203212.jpg

インクラインは桜の名所なのですが、今年は桜が咲くのはまだまだ先のようです。







琵琶湖疏水と白川の合流地点。左の大きく口を開けているのが白川です。比叡山から流れてくる白川は良質な砂が多く、京都の社寺の庭園に使われています。
向こうは京都市動物園。動物園の休憩所の下の部分はかつてのインクライン動力室。ここからインクラインにケーブルが伸びて舟を乗せた台車を上げ下げしていました。

1203213.jpg







岡崎地区の景観をつくっているのは何と言っても「水」。
琵琶湖疏水や白川といった水路、そして平安神宮などの社寺やあるいは我々にはなかなか見ることができない別荘群の池。
ここは京都市美術館の池です。

1203214.jpg








国立近代美術館の南側で白川は再び琵琶湖疏水から分岐します。この先祇園を流れ鴨川に流れ込みます。

手前と先にあるコンクリートブロック。そこに切れ込みがあります。
かつてはここに板を差し込んで水を堰き止めプールにしていたそうです。そういえばプールに降りる鉄梯子がまだ護岸に残っています。

1203215.jpg








インクラインを下った舟は再び琵琶湖疏水を進みます。下りは櫓を使って進みますが、上りは岸から人力で引っ張っていきます。護岸にある通路はそのためのものです。
高瀬川も同じように人力で上りの舟を引っ張っていたそうです。

1203216.jpg








琵琶湖疏水が鴨川に流れ込む手前にあるのが『夷川発電所』。ここの電力でこの辺り一帯は工場地帯となっていました。紡績工場、製粉工場、伸銅工場…。
岡崎地区が工場地帯というのは今となってはとても違和感がありますが、当時は発電所があり、内国勧業博覧会が開かれ、そこへの交通のため市電が走り、さまざまな先端産業があるハイテクゾーンと感じられていたのかもしれません。

1203217.jpg








夷川発電所手前の遊水地。向こうに見える京都大学の熊野寮は元々鐘ヶ淵紡績の工場だったところ。名門スイミングスクールの京都踏水会はこの遊水地が練習場。池の南側は少し土地が低くなっていますがここにたくさんの水車があって製粉をしていたそうです。

1203218.jpg

水温む目蓋だんだん重くなり



今回訪ねたのはこちらです。

より大きな地図で 岡崎歴史散歩 を表示

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: