木田安彦美術館

版画家の木田安彦さんの美術館がオープンしました。

1206171.jpg

青梅雨や芳名帳の真新し





独特の雰囲気が好きで、我が家の玄関には木田さんの版画(のポストカード)と画集が飾ってあります。
また以前京都文化博物館で木田さんの展覧会があった時にも行きました。

1206172.jpg

木田さんが好きで梅雨の傘二本






美術館といっても、古い町家を修復してその中に木田さんの作品が展示されています。

1206173.jpg








伏見稲荷の少女の版画に祇園祭の鉾の写り込みを重ねてみましたが、なかなかイメージ通りにはならず中途半端な写りになってしまいました。(-_-;)

1206174.jpg








あらたまって美術鑑賞をする、というのではなくごく自然に版画を楽しめるところです。

1206175.jpg








ここではぜひゆっくりと版画を、そして町家を味わってください。

1206176.jpg

おまけの版画と地図はこちらです。



クリックすると拡大表示します。
良い子はダメですよ。

1206177.jpg








京阪の深草行き最終電車はこんな風なのですか?

1206178.jpg








場所はこちらです。


より大きな地図で 木田安彦美術館 を表示

テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

shuho-t

しっとりした町屋と版画のコラボ・・・いいですね すぐに京都に富んでゆけたらなあ~~日がな一日歩いたり版画をみたりしたいです

shuho-t さんへ

木田安彦さんの版画やガラス絵は、大好きで、展覧会があれば足を運んできました。

このたびこんな素敵な個人美術館がオープンし、本当にうれしいです。
木田さんはこの近くに住まわれていて、ふらっとここに立ち寄られることも多いとか。
いつかまた会えるような気がしています。

開館予定は、わりとこまかく日程が決められており、「旗が出ていれば開館中」とのこと。
私達が行った日は、旗が出ておらず、館のひとに聞くと「雨だったので下ろしときました」って?

shuho-tさん飛んでこられるときには、開館日を確認してくださいね。
プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: