ブラタモってみました

歴史地理好きにはたまらないTV番組がNHKの『ブラタモリ』。
しばらくの間休んでいましたが、3年ぶりに再開!1月6日に放映されました。今まで東京の話題しかなかったのが『いいとも』終了によってタモリさんの地方ロケができるようになったそうです。その最初が京都。正月いちばん楽しみにしていた番組でした。


そこで紹介されたインクラインを訪ねてみました。
琵琶湖疎水は船で物資を運びますが、蹴上あたりは勾配が急になるため台車に船を載せて上下します。それがこのインクラインです。

15011701.jpg







新しく知った知識その1。
レールを枕木に固定する釘。一般的には右側の形がほとんどで犬釘とよばれています。
日本には左側のイギリス製のもの(ドッグスパイキ)が最初に入ってきて『犬釘』と呼ばれましたが、その後は右側のアメリカ製のもの(タートルスパイキ)が使われるようになったものの名称は最初のままに犬釘と呼ばれています。タモリさんによれば『亀釘』と呼ぶべきだとか。

15011702.jpg

犬釘はスコッチテリア冬日影






新しく知った知識その2。
このインクラインには古いレールが残っています。これは1887年製のイギリスBARROW社のもの。
それがまだ残っています。

15011703.jpg

待春の鉄路に探す古き文字





では番組では触れられていなかったことを紹介しましょう。
台車はケーブルで引っ張っていましたが、そのモーターは現在の動物園の休憩所の下にありました。噴水の向こうの開口部からケーブルが伸びていたのでしょう。

15011704.jpg







線路の部分を歩きやすいように敷かれている敷石。これは京都市電当時使われていたもののはずです。
京都市内あちこちにこの敷石が再利用されています。たとえば金戒光明寺の女坂や哲学の道の歩道。

15011705.jpg







あとこのインクライン下の南禅寺へのトンネル『ねじりまんぽ』。レンガをねじったように積み上げることによって強度を確保しています。
ねじれ具合が不思議な雰囲気を醸し出し、まるでタイムトンネルのようです。

15011706.jpg

とても楽しみなブラタモリ。今回はスペシャル放送でしたが、4月からレギュラー放送となります。
さあ次はどのエリアでしょうか。

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

『犬釘はスコッチテリア』

あっはっは、見える見える。
ご主人の言いつけ通り忠実にくわえて待ってますって感じ?
ちょっと寒そうです。夏は暑いんだろうなあ。

YOSHIさんへ

見えるでしょう?柴犬とかじゃなくて、英国のテリア犬に見えました。横顔もかわいいんです。
インクラインは犬釘だらけ、ワンワンワン! でした。
ここはよく通っているのに、タモリさんに言われるまで知らなくて、新年早々楽しい発見でした。

ブラタモっている人たちが他にもいて、自然と交流が生まれ、面白かったです。
プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: