琵琶湖疏水(分線)をたどる

京都盆地は北から南に向かって低くなっていきます。
そのため川は北から南に流れていきます。

ただ琵琶湖疏水の分線だけは南から北へと流れていきます。
「琵琶湖疏水分線」といってもピンとこないでしょうが、蹴上から南禅寺の水路閣、そして哲学の道へと続く疏水です。哲学の道で疏水を良く見てください。銀閣寺の方、つまり北へと流れています。



疏水は流れている間にいくつかの川にぶつかります。

まずは銀閣寺近くです。白川と交差します。

0911241.jpg

写真の手前が疏水です。奥から手前へと流れています。
そして奥に見えるコンクリートの橋(人が渡っている部分)が白川です。
左から右へとながれています。
たいへん珍しい川の立体交差ですが、ほとんどの人は気付かずに通り過ぎてしまいます。







疏水はその後北白川の住宅街の中を流れていきます。
疏水の横には遊歩道が整備されており静かな散策を楽しむことができます。
哲学の道よりじっくり思索にふけることができるかもしれません。

0911242.jpg

散歩道またひとつ増え黄落期






ヴォーリズ設計の駒井家住宅もこの疏水沿いにあります。
現在毎週金曜土曜に公開されています。ぜひ拝見させていただこうと思っています。

0911243.jpg






疏水はやがて高野川にぶつかり、合流します。
川の左岸に疏水の排出口が大きく開いています。

0911244.jpg

しかしながら川の右岸に眼をやれば、やはり疏水が続いています。
昔の地図をご確認ください。
かつて疏水は高野川の底をくぐりぬけて通り過ぎていたのです。一時的に低くなるもののサイフォンの原理で問題なく流れていたそうです。

ただ、高野川の改修のため現在は分断されてしまっています。そのため高野川以西は松ヶ崎浄水場からの水になるようです。





高野川を越えて疏水をたどっていきましょう。
やがて疏水は泉川と交差します。
銀閣寺付近では上下に分れた立体交差でしたが、ここでは本当に十字に合流しています。

0911245.jpg

疏水は奥から手前へ、泉川は左から右へと流れています。
泉川の水の一部はコンクリートの堤によって疏水へと流れるようになってます。







疏水は下鴨の住宅街を流れ、やがて北大路通と下鴨中通の交差点付近で暗渠になります。
その後水の流れは地上からは確認できませんが、かつて疏水が流れていた痕跡は明確に鴨川へと続きます。

そして疏水跡は鴨川を超えて紫明通の中央分離帯になります。
この中央分離帯はきれいに整備され公園となっています。
そこにはかつての疏水をイメージしたのか小川が流れています。

0911246.jpg







紫明通から先は昔の地図が不鮮明なためはっきり確認できませんが、おそらく堀川に合流していたのでしょう。
長い間、水の流れていなかった堀川ですが今年から流れが復活しています。

0911247.jpg


テーマ : 暮らす京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
言われてみれば、南から北へ流れている!!
おまけに川の立体交差!!
勉強になります。

No title

哲学の道からなぜか曲がりくねった疎水、おまけに北上しています。
何故かご存じでしょうか。
疎水を引いたとき、流れやすいように山の裾野、その稜線に沿って作ったからなんです。
歴史をひもとくと、とても面白いです。

高野の公団の前は今のカネボウの前身、鐘淵紡績ですね。
そのもっと前は今の夷川発電所の少し南側に工場がありましたから、
やはり疎水の発電を利用したのではないかと思います。

y213 さんへ

「立体交差」分りやすい言葉です。いただきました。
ということで、本文を修正しております。

阿修羅王 さんへ

北白川あたりでは疏水周りだけが周囲より高く盛り上げられているところがありますね。
疏水を通すための盛り土がなされていたんでしょう。

高野の鐘淵紡績は以前の鯖街道に関して調べた時に知りましたが、夷川発電所の件
は知りませんでした。
そんな過去を想像しながらその土地に立ってみるのも楽しいことですね。
もっとも、京都ではきりがなくなってしまうかもしれませんが。

はじめまして

はじめまして、ククーロと申します。あしあとから辿ってきました!

哲学の道沿い(ちょうど銀閣寺と法然院の中間くらい)に住んでいます。おかげでここ数週間は週末家から出られません(笑)。

疎水と白川の立体交差、何百回も通っていながら全く気づきませんでした。たしかに・・そういえば・・と思い確かめに言ってきました。本当に疎水がもぐってますね!

疎水沿いは御陰通りくらいまでしか辿ったことがないのですが、北のほうにも素敵なところがあるんですね。こんど行ってみようと思います。これからも京都の素敵な写真、楽しみにしています。

ククーロ さんへ

はじめまして。
わざわざ確認に行っていただき恐縮です。

哲学の道沿いにお住まいとはまあうらやましいというか、大変でしょうというか…。
これからはまた静かな生活が戻ってくるのでしょう。

ククーロさんのブログにあった「チェロ・アンサンブル・サイトウ」のCDをぜひ買ってみようと思っています。
これからもぜひよろしくお願いします。
プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: