本野精吾設計 鶴巻鶴一邸(現・栗原邸)

鶴巻鶴一邸(現・栗原邸)が期間限定で公開されています。
この建物は、染色家で京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)の校長、鶴巻鶴一の邸宅として1929年に建設されたものです。設計者は同校教授であった建築家・本野精吾(1882-1942)。当時最先端の工法『中村式鉄筋コンクリート建築』による特殊なコンクリートブロックで建てられた、合理性を追求したモダニズム建築です。
(一般公開用資料より)

15053001.jpg






15053002.jpg






15053003.jpg






15053004.jpg






15053005.jpg






15053006.jpg






15053007.jpg






15053008.jpg






15053009.jpg

家中が美しき夢夏館






15053010.jpg


テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: