三十三間堂 通し矢

三十三間堂で通し矢がありました。
正しくは「第60回 三十三間堂大的全国大会」です。

1001173.jpg







60m先の1mの的を狙います。

1001172.jpg







一人が2回矢を放ち、どちらも的中した人が決勝に進みます。
60m先の的に2回とも当てるのはたいへん難しく、ほとんどの矢は的まで届きません。

1001171.jpg







成人男子の部、成人女子の部、称号者の部があります。
成人男子、女子は今年成人式を迎えた人達で有段者約2000名弱が奉射します。

1001174.jpg







それにしてもこれだけ沢山の晴れ着姿の女性が、弓と矢を持って集まっているのは不思議な光景です。

1001175.jpg

冬晴や二十歳の弓の林立す

この通し矢の見学場所は2つあります。

三十三間堂の境内からそのまま通し矢の会場に向かう方法。ただこの観客席は人がぎっしりで、しかも脚立に乗ったカメラおじさん達が沢山いるので、よほど早くから場所取りをしていないとほとんど見ることができないでしょう。

もう一つの方法は当日三十三間堂で行われている「楊枝(やなぎ)のお加持」にお参りする方法。私はこちらでした。参拝した後通し矢会場横の廊下にでることができます。ただしこちらも見れる場所はごく一部だけですのでまるで満員電車の中で見ているようです。

特に晴れやかな女子の部は人気があり、とんでもない状況です。私もたまたま男子の部の最後あたりに会場に入ったため運よく見ることができましたが、もう少し後だったらとても見学できるところまで進むことはできなかったでしょう。

基本的には見せるためのイベントではなくあくまでも弓道の大会であり、勝手に見学しても構わないけれど見学者へ特に配慮はしていませんというスタンスなのでしょう。



それにしてもこういった行事に行くたびに思うのですが、カメラ撮影する人はマナーを考えないといけないでしょう。いちばん前に陣取っていつまでも動かない人、後ろの人のことを考えずに撮影している人。そんな人が沢山います。より良い写真を撮りたい気持ちはよく分りますが、ある程度のところで場所を譲ることも必要でしょう。私も注意していたいと思います。

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

ごもっともです

一昨年だったか尾道のお祭りに行った際、デジイチ担いだおば(あ)ちゃんが、
御輿が担がれる1時間くらい前からずっと広場で待っている人たちを後目に、
ずんずん最前列に進んでいくのを目の当たりにしたことがあります。

普段はぶらパチなので撮影順うんぬんを気にすることはないのですが、
それでも状況によっては、自分がこのおば(あ)ちゃんと同じことをする可能性が
ないとは言えませんし、気づかぬ内にやっているかも知れません。

人の振り見て我が振り直せ、を常に胸に秘めていたいものです。

No title

こんばんは。
私も通し矢に行ってきました〜。
たぶん、同じポジションでの撮影だとおもいます。
来年は、脚立がいりますね(笑)

マナーに関しては同感です。
廊下箇所は、人も流れるだろうと思って行ったんですが・・・
壁に張り付いた方達や座り込んで撮影している方達で埋め尽くされ、
満員御礼状態でした。
私もマナー違反をしないように注意しなければ。

No title

おはようございます。
通し矢は混雑がわかっているため、おちびの私には無理なので行きません。
また、皆さんが仰るように、マナーの悪さが目立って気分が悪くなります。
そう言ったことに自分もなりそうになるため、本当に注意が必要ですね。
張り紙、放送などがあっても制止が効いていません。

いっそのこと見学は禁止、身内の方々のみ、なんてことにはなりませんかね。
お身内の方は晴れ姿を見たいと思います。見学は申し込み制で人数制限、脚立禁止。
趣旨が奉納なのですから神事です。奉納金として入場料と収めていただく。

悪くはないと思いますが・・・ (う〜ん、ひがみかしら)

GAUCHE3383様 こんにちは

三十三間堂 通し矢 行かれたのですね!
うらやましいです

行こう行こうと思っていたのですが 相方さんの体調不良等々で断念致しました
来年こそは! と思っていましたが訪れても 見るにはハードルが高そうですね
本当に仰っているようにある程度撮ったら場所を次の方へ 
そんな譲り合う 気持ちがお互いに必要だと思います
また写真を撮ることに必死過ぎて頑張っている皆さんの本当の姿を 
目に写ってはいるけれど見ていないようでは悲しいです


寒い中 凛とした姿勢に 華やかなお着物に飾り 良いですよね 

コメントありがとうございます

たくさんの方からコメントをいただきありがとうございます


うっしー さん

私もえらそうなことを言って、実は撮影に夢中になると同じことをしているかもしれません。
より注意が必要ですね。


y213 さん

ご一緒だったのですか。
写真拝見しました。同じ場所で撮影しながら、う〜ん。お見事です。
ところであの脚立の人たちは何時から場所取りをして、いったい何時間脚立上にいるのでしょうね。
たぶん朝8時位からいて、女子の部の昼過ぎまで脚立上なのでは…真似できません。


阿修羅王 さん

確かに身内や関係者にとっては迷惑な話ですよね。
下鴨神社の蹴鞠に行った時には席にいながら、しょっちゅう立ち上がり、そればかりか「じゃまなんや
このおっさん」と(独り言ですが)言っているバカ者がいました。さすがに見かねて注意をしましたが…。
神事とイベントの違いをわきまえてない人も確かにいますね。


美美 さん

見学するだけでも大変です。ましてや撮影は…。私も来年はたぶん行かないのではないでしょうか。
本当に満員電車と同じです。背の低い女性はかなり厳しいと思います。
ファインダー越しにしか見れていないというのは確かに悲しいですね。写真撮影が目的ではなくその
場の感動をいかに写真を通して伝えられるのか。そんな風に感じていたいものです。



撮影の時にはある程度で場所を譲り、その時に「帰りますのでここをどうぞ」と一言添えるのはどうで
しょうか。みんながそう言い合っていると互いに気持ち良くなるのではないでしょうか。
気持ち良く撮影していきましょう。

かっこえー

迷惑かけたこと、あります。
被写体に「ロックオン」してしまうと周りが見えなくなってしまって・・・・ごめんなさいです。
かなり撮影は大変だでしょうね。お察し致します。
すごい気配りが感じられて、さすがです。

えにお さんへ

いえいえたぶん私もやっています。
できるだけ良い写真を撮ろうと、あと1枚あと1枚がしばらく続いてしまいます。
満足してというよりは、あきらめて場所を譲っているというのが本当かもしれ
ません。

まぁ気持ち良く撮っていきましょう。

No title

こんにちは。
綺麗ですね。
お天気も上々で色が引き立っていいですね。

チビ。。。と言っても中学1年ですが、
弓道をしてみたいと言ってます。。。
ピンとした張りがいいんですって。
ほんまかいなぁ〜と思っている私です。

マハ さんへ

通し矢に行って驚いたのは、こんなにたくさん弓道をしている
若い人がいるんだということです。
今までマイナーな競技と思っていたのですが、みなさんとても
輝いていました。

プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: