知恩院

知恩院で三門の特別公開がされています。残念ながら三門の中は撮影禁止ですのでその分じっくりと拝見させていただきました。その後境内の散策です。今まで行ったことのない辺りをまわってみました。

法然上人御廟につづく石段のところです。御影堂の横には早咲きの桜がありましたので、そこから飛ばされてきた花びらかもしれません。

1003071.jpg

綱持ちて登る三門初ざくら






法然上人御廟前の拝殿。木魚の音が響いているかのようです。

1003072.jpg








北門の辺りは人も少ないのですが、苔と雨にぬれた石畳がとても美しかったです。
紅葉のころはさぞ見応えがあるのでしょう。今度の秋は忘れずに行くことにしましょう。

1003075.jpg








三門と黒門の間にある崇泰院です。門を入ったところに瓦が縦にびっしりと埋め込まれていて、水が流れているかのようです。まるで枯山水を見ているようなのですが、それがごく自然な敷石となっています。
残念ながら私の腕ではその素晴らしさを表現しきれていません。どなたかお手本をお願いします。

1003074.jpg








13日から始まる東山花灯路の準備がすすんでいます。

1003073.jpg

13日から22日までいったい何回撮影に行くことになるのでしょう。
灯りはもちろんのこと、青蓮院のライトアップも、狐の嫁入りも、舞妓さんも撮りたい。
当然のことながら仕事もあるので、それが終わってからとなると時間が…。しかたがないので仕事をサボりましょうか、という訳にはいきません。

テーマ : ■京都を撮る■
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

俳句と写真

良いですね、俳句と写真。

自分も俳句がやってみたいと思ってますが・・・・。
簡単にできるはず無いとあきらめて写真だけです。

また、羨ましく見せてもらいます。


T's KITCHEN さんへ

お誉めいただきありがとうございます。
俳句担当の妻もよろこんでおります。

T's KITCHENさんの新しい記事にさりげなく俳句が
あるのを見つけてしまいました。
ちょっとでも刺激になったのなら光栄です。

勝手ながらリンクさせていただき、勉強をさせて
いただきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

お恥ずかしい

ありがとうございます。

俳句、ご指導下さい。

ちょっとやりたい気分なのですが、全くの素人です。
五七五で季語を入れるということしか知りません。

他にルールは有るのでしょうか?

T's KITCHEN さんへ

ありがとうございます。
こちらこそ、拙い俳句を毎回お目にかけて、恥ずかしいです。
(夫が、文字を大きく、というので、余計恥ずかしいのです)

ルールはおっしゃる通り、有季定型(季語をいれて五七五)が基本的なものです。
歴史的仮名遣(旧仮名遣)で表記するということも特徴だと思います。

でも、無季、定型をはずしたもの、現代仮名遣で詠まれている方もいらっしゃいます。

と、こんなところでいいでしょうか・・・?
私もまだまだ素人ですので。


GAUCHE奥様

GAUCHE奥様

写真、料理、庭いじり・・・・

次は俳句に狙いを決めました。

ぼちぼちやってみようとおもいます。

写真も同じですが、人に見てもらわないとうまくなりませんね。

また教えてください。

明日は東山に居ます、夜まで。
プロフィール

GAUCHE3383

Author:GAUCHE3383
2015年7月に京都から武蔵野の地に引っ越してきました。

最新記事
最新の20タイトルが表示されています。 お好きなタイトルをクリックしてください。 それ以前の記事は下の「全記事表示リンク」で見ていただくことができます。
全記事表示リンク
どうぞ今までにアップしたいろいろな記事をご覧になってください。

全ての記事のタイトルを表示する

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
気に入った記事があればぜひコメントをお願いします。 入力は各記事のいちばん下の小さく書いてある「コメント」をクリックしてください。 メールアドレスの欄がありますが、ここには入力はしないでください。
お勧めのサイト
私が写真の勉強をさせていただいているサイトです。
メールフォーム
私へのご連絡はこちらから。 入力内容はブログには表示されません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文: